メニュー

虫歯治療

当院ではできるだけ歯を削らず、痛みの少ない治療を心がけております

虫歯治療にあたっては「痛い」「怖い」といったイメージをお持ちの患者さんも多いのではないでしょうか。当院の虫歯治療はできるだけ歯を削らず、神経も最大限守る痛みの少ない治療を心がけております。

 

できるだけ歯を削らず残す治療をモットーに―

元になる歯をできるだけ削らずに最大限活かすような治療法をご検討させていただきます。

 

痛みを感じやすい神経もできるだけ残す治療を―

歯の内部には神経があります。神経部を取り去る治療は、歯自体の寿命も短くしてしまうことに繋がります。程度にもよりますが、可能な限り神経を残す治療法をご検討させていただきます。

 

虫歯の進行レベルについて

歯の進行にはさまざまな段階があります。進行レベルが進むほどにご本人も耐え難い苦痛を感じるようになります。また、治療方法や治療期間、治療金額も進行の程度によって大きく異なってくるため、なによりも早期の治療開始が望まれます。

C1

初期の虫歯は歯の表面にある固いエナメル質が浸食されることで始まります。ご本人はまだ痛みを感じない段階ではありますが、この時点で早期に異変に気づき、治療を開始できることが非常に重要となります。

C2

歯の内部の黄味がかった象牙質部分にまで虫歯菌が浸食し始めます。冷たいものや甘いものなどがしみるようになることで、ご本人は痛みや違和感を訴え始めます。特に象牙質部分はエナメル質より柔らかい組織であるため、虫歯の進行スピードも一気に加速します。

C3

象牙質のさらに奥にある神経部にまで虫歯菌が到達することとなります。この段階になるとご本人はかなり強い痛みを感じるようになります。一般的には歯を大きく削る治療や根幹治療が必要となってしまいます。

C4

歯のほとんどが失われた状態となります。この段階まで進行してしまうとさすがに抜歯せざるを得ないケースが多くなります。神経もほとんど浸食されている可能性が高いため、すでに痛みを感じない状態となっているケースも多いです。

 

早期の段階ほど歯をできるだけ削らずに治療を進めることができます。当院では特に予防やメンテナンスに力を入れて取り組んでいることで、早期に治療開始ができるよう努力いたしております。

治療経過や詳細については画像をもとにわかりやすくご説明させていただきます

実際の治療にあたっては、レントゲン写真や画像、各種資料データなどをもとに段階を追ってわかりやすくご説明させていただいております。タブレットを用いてご自身の歯の状態を正しくご理解いただいたり、ご不明な点等ございましたらしっかりとご納得いただけるまでお話をさせていただいた上で治療に臨ませていただきます。患者さんとは対話を重視し、確かな信頼関係を築いた上での治療を始めさせていただきます。

 

治療の際の痛みを最小限に抑えるための工夫

当院では治療の際に生じる痛みを最小限に軽減するため、さまざまな取り組みを行っています。

表面麻酔

表面麻酔薬は、歯肉表面に塗布することで注射針を刺すときの痛みを緩和できるものです。

電動麻酔

麻酔薬を注入する際には、中にある液の圧力によって痛みを感じやすくなります。電動麻酔機を使用すると、麻酔液の流入スピードを一定の圧力にコントロールすることができます。注入量も自在に設定できるため、手動と比べて痛みを感じることはほとんどありません。使用する針も極細で、さらに刺激を感じにくいように麻酔薬そのものを適温に温めることもできます。

小さなお子さんには治療前の優しいトレーニングから

小さなお子さんほど初めての治療に恐怖心や苦手意識を強く持たれます。それはごく自然な反応でしょう。当院では治療を始める前に、まずは治療機器に慣れていただくための時間をじっくり設けております。例えば治療機器から出てくる水や風、キーンという独特な機械音などに対して強い恐怖を感じたり、敏感に反応されるお子さんも非常に多いものです。これから必要となってくる治療やケアに対して、悪いイメージを抱かさせないための最初の一歩としてもとても重要な時間だとスタッフ一同受け止めてさせていただいております。保護者の方とも適切に連携を図りながら、無理なく楽しく治療を進めさせていただければと思います。

 

具体的な治療の流れについて

虫歯の進行度や程度によっても異なりますが、どうしても歯を削らなければならないと判断された場合には、削った部分に樹脂を詰めたり金属の被せ物をすることでその部分を補います。噛み合わせや将来的な歯の動きなども考慮させていただいた上で、最適な治療法をご提案させていただきます。

虫歯は乳幼児からご高齢の方まで誰でもなりうる病気です
早期に虫歯を発見できる体制づくりを行うことはとても重要なことです

当院では虫歯になる前段階の予防や適切なケアの指導に特に力を入れて取り組んでおります。深刻な状態になる前に、早期に異常を見つけ出し、危険を回避する対策を行うことこそが虫歯治療における最大のテーマです。そのためには、患者さんご自身においても歯を守るための毎日のケアは欠かせないことですし、定期的に状態を確認するための体制づくりを整えていただくこともとても大切なこととなります。歯を失うということは、想像以上のダメージとストレスを抱えることにもなります。末永くご自身の歯で健康で豊かな日々を送っていただけるように、定期的な観察を行える環境づくりをぜひ整えていただけたらと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME